Top > Report > 定例議会

RSS

定例議会 ~最新~ 


平成29年6月定例議会 主な内容  

 

 県議会6月定例会は、自民党県議団が提案した、施設職員に虐待防止研修を義務付ける「埼玉県虐待禁止条例」をはじめ、一般会計補正予算2億5,281万1千円(補正後累計:1兆8,646億7,981万1千円)など20議案を可決、同意、承認し、7月7日に閉会しました。
継続審査となっていた新県教育長に小松弥生氏を任命する人事案も、議会初日に全会一致で同意しました。



◆県虐待禁止条例、来年4月施行へ ~自民党県議団が独自提案~

 虐待は多くが家庭や施設内など閉鎖的空間で行われているため、周囲が気づきにくく深刻化するケースが多々あります。虐待防止三法によって規制していますが、県内の虐待件数は増加傾向にあるのが実情です。
私たちは、虐待をなくすためには、「虐待禁止」に対する認識を県民全体で共有する必要があり、そのためには県の強い姿勢が必要だと考えました。
昨年からプロジェクトチームを立ち上げ、関係機関・団体などから意見を聞き、調査・検討を重ね、今議会での提案となりました。
同条例は全会一致で採択され、来年4月から施行されます。